私たちの想い

これまでの歩み、これから進むための想い

木づかう(気づかう)心を育てたい

森林や木材について小さい頃から親しみ・学ぶ「木育」を基にし、乳幼児や児童生徒、そして子育て世代に対して、私たち日本人の財産である森林を木づかう(気づかう)心を育てる活動を展開します。私たちは、これらの活動を通じて、森林のサイクルを確保し、薄れてしまった森林との係わり合いを再構築していきます。

今こそ木づかいが必要です

森林が持つ多面的機能を発揮するには「植える、育てる、伐る、使う…また植える」という森林のサイクルを確保することが大事です。また、森林や木との関わり合いが薄い都市部の人々に対して、森林サイクルの必要性を理解してもらうとともに、その中で森林や木と付き合っていく方法として「使う」活動 =「木づかい」を実践してもらうことが求められています。

森林を生かすための第一歩を

私たち日本人は、森林から木材や食料などの多くの恵みをいただき、持続可能な生活を行っていました。それゆえ、森林に対して畏敬の念をもって接してきたのです。

けれど近年、森林との関わり合いは著しく薄れ、その資源が十分に利用されないことなどから、手入れが行き届かないといった事態が起きています。

手入れが行き届かない人工林は、木材の供給だけではなく、国土の保全、水源の涵養、地球温暖化防止、生物多様性保全などの森林が持つ多くの働きを十分発揮できません。また、こうした問題に対して関心を持つ人々は、残念ながらまだ多くないのが現状です。

木づかいと木育を通じて、子どもたちに森林への関心を持ってもらうことが森林を生かすための第一歩だと私たちは考え、この活動を行っていきます。